あなたの漫画はなぜ没なのか?

またまた昔書いた記事です。

これも今の自分が同意できる内容です。

客観的になることは難しいですが、
客観的になることは意識したほうが良いと
思います。

—————————

今、部屋の本をぼちぼちと片付けてるのですが、
昔買った本で

こういう本好きなんですよね。
これはアメリカのベテランエージェントが書いた本と
いうことですが、この本の一節に、

「作家が編集者の身になって通じない会話を見つけ出すことは
 ほとんど不可能に近い。自分のかいたものがわからないはずは
 ないからだ」

というのがあります。
漫画家を目指す皆さんはこの言葉忘れないでください。
自分では旨く描いたつもりでも人にはぜんぜん伝わってない
という投稿漫画がすごく多いんです。

この文はそのあとこう続きます。

「とはいえ、それと意識して原稿を読み返すように努めれば、
 客観的に物を見る距離が生じて、思わぬ結果をもたらすことも
 ある」

と。
この本の作者が言っているように、出来上がったあと一度、
自分の作品に対して距離を取ることはとても大切なことだと
思います。

読者としての自分にとって本当にその漫画は面白いのか?
わかりにくいところはないのか?

投稿する前にもう一度、厳しい目で自分の漫画を検証して
みるのも悪くないと思いますよ。

スポンサーリンク