漫画力が伸びのない人に共通点はあるか

ここのところ仕事が順調に忙しくて、ブログをさぼっておりました。
忙しいときほど書かないといけないと思うのですが、
疲れる→酒飲む→癒される→寝る…という循環モードから
なかなか抜け出せません。

それはさておき、
先日、ある持ち込みのイベントに参加させていただきました。

そこで、あれなんか昔もこんなことあったなーという
デジャヴに襲われました。

持ち込みとか、人に漫画を見てもらうのって
客観的な意見を聞きたい、ということにつきると
思うんです。

もちろん、中には納得のいかない意見もあるでしょう。
(そんな時は前にも書きましたが最低3人の人に
見てもらいましょう)

私のところにも原稿を送ってくださる方が
いらっしゃいますが、厳し目のお返事書いちゃったなーと
思ったときはほぼほぼ100%、その後は何も音沙汰が
ありません。

でもですね、厳し目のこと言われても、
納得いかないなあということがあっても大切なのは、
まずは相手の話をきちんと聞いて、
指摘された問題点を理解しようとするという
姿勢です。これ重要。

「いやそれは」「私はこういうつもりで」みたいに、
人の話をまず聞く前に自分の意図を頑なに
守ろうとする人がいます。

「それなら別に持ち込みしなくていいんじゃね?」

と思っちゃいますよね。←これがデジャヴですねー。

ぱーっと上手くなっていく人は
「そうか」「なるほど」というポジティブな言葉を
口にされることが多いように思います。

頑なな感じは、
ある程度描ける方に多いように見受けられるのですが、
そういう方は今の場所で上手くいっていないから、
心機一転で持込されるのではないかと推察いたします。

それならなおのこと、
「俺の話を聞けYO~」
by クレイジーケンバンドですよ。

まずはそこから。

ではまた!

スポンサーリンク

Uncategorized

Posted by mr.t