漫画を捨て街へ出よう

こちらも昔書いた記事ですが
今も同じです。

色んなインプットをしましょう!
というお話です

——————————

さて、今日はマンガの外へ
積極的に出ていきましょう
ということについて、
いまさらですが書こうと思います。

私も結構いい年ですが、
なるだけ、面白そうと思った
ことには飛びつくようにしています。

私が若い女性なら、水商売は無理でも
チャットレディくらいはやってみたい。
だって面白そうじゃない?

昔はQ2で払うばっかりだったからなあ…。
でも、その経験て、けっこう馬鹿にできないん
ですよ。

あと、前にも書いたけど、
どきどきする気持ちとか、
好奇心とか。

普段から、そういうの大事に
していた方がいいですよ。

編集で言えば、経験の少ない若い人の
描いたものの嘘がすぐ見えます。

マンガ家さんで言えば、
話に魂が入ります。

何度も言いますが、
経験しなきゃ描けないとか、
経験をそのまま描けってことじゃ
ないですよ。

自分の中に、たくさんの感情の
ストックを作るということです。

マンガは最後は机に向かって
一生懸命に描かれたものですが、

そこに入れる隠し味というか、

「秘伝のソース」

は、あなたが
外部で手に入れて、持ち帰らなければ
ならないものだと思います。

(これ、神話ですね。
 主人公、必ず旅に出ます。)

マンガ家志望、マンガ編集なら、
マンガを読むのは当たり前で、
それ以上になにを取り入れられるか
というところが勝負だと思います。

何事も体験してみてはいかがでしょうか。
私も恥を忍んで、こういうの書いてみたり、
無理やりバナー貼ってみたりしてます。

——————————–

今日ある、有名女性作家さんのお話死を聞きました。
「BLの描き方を覚えたい」ということを
おっしゃっていたそうです。

すごいですよね、どんなに経験を積んでも
また新しいことにトライして、
自分の外に出ていこうとするその姿勢。

あまりにシンプルで真摯。

見習いたいです。

ではまた!

スポンサーリンク