君の漫画は「雑な絵だね」

4月 14, 2019

今日は、「雑」な絵、
ということについて考えてみます。

私は今、にくまん子さんという新人作家さんの
「泥の女通信」という作品を担当させて
いただいています。※お陰様で20019年5月現在で3刷です!

その作品の感想で「絵が雑」というのが
ありました。

うーんという、複雑な感じです。
簡単に言うよな…。

かつて私が担当させていただいた、中村明日美子さんの
実質的なデビュー作と言ってもいい「コペルニクスの呼吸」の絵を
「Jの総て」と比較して「拙い」と表現された方もいます。
そのアマゾンのレビューは今もなお残っています。

でも、当時の中村さんは、まだ最低部数の
新人ですよ。

例えば、イチロー選手は、新人当時の土井監督から
結果を出しているのに、
フォームを直せ、直さないと使わないというような
ことを言われたそうです。
代わった仰木監督はいじらず使い、
結果イチローはブレイクしました。

自分を名将になぞらえるつもりは
さらさらないですが、
編集者は完成された作家さんをデビューさせるのではなく、
将来性や、現時点での完成度を見て
デビューさせるわけで、それを今4番で球界を
代表する選手と比較するような見方はしていませんし、
最初からそんな人はほぼいないです。

イチローをしてもそうなのですから
磨き上げられる前に「雑」な部分が
あるのは当然です。

漫画でも、最初から、すごい人はもちろんいますが
それは本当にごくごく一握りの人です。

で、何を言いたいか、というと、
私が応募の方のどこを重要視して
見ているかという話です。

絵の雑さは、もちろんない方が
いいですが、
それよりも重視しているのは
話の面白さ、独特さ、着眼点、分かりやすさ、
オリジナリティといった、
「教えることができないサムシング」です。

絵も、もちろん見ます。
私の場合で言えば、
絵は見た瞬間にほぼ即決です。

芸能人の人って、売れてる人も売れてない人も
それなりでしょ?

すごく、目の粗いざるがあって、
それをさっと振る感じで、
いけそうな人とそうでない人は
新人の時点で多分、判断されていると思います。
もちろん、それが100%じゃないと思いますよ。

漫画も同じで、ビジュアルの世界ですから
いけそうな絵というのは、ぱっと見で分かる、
なんとなくで判断していることも少なくないです。

なんとなくというのは、
いい加減にという意味でなく、
厳密にして狭く絞るのではなく、
ゆるやかに見るというか、
感じるということです。

誰かを好きになる時のフィーリングに
似ているかもしれません。

で、作品を見る順番で言うと
1.絵をざっと見る
2.絵が気になった作品をじっくり読む
という順番でしょうか。

ので、最初から完成された上手い絵である
必要はないですが、
最低限、惹かれるところがある絵で
ある必要はあると思います。
(例外は死ぬほど絵が上手い!ことでしょうか。)

あと大事なのは、盛り上がりに部分がどう描かれているか
でしょうか。
歌もサビが重要ですよね。

なんだか好かれる絵、というのは、
ナチュラルでそれが描ける方もいますが
努力や工夫でもそれは実現できるかと思います。
いや、もちろん、好きに描いてやっていければ
それが最高なのは言うまでもありません。

ただ、それも編集さんによって好き嫌いや
方法論、考え方の違いがあるので、
いつも言っているのですが

「編集サイドの判断が気に入らない場合は
最低3か所に持っていって、
意見をもらってみましょう。
3人のうち2人以上に言われたことは
大体正しいので聞いておきましょう。
ひとりの人が言った納得のいかないことは
その人の好き嫌いなので気にしなくても」

というのを参考にしてみてください。
これは色んな編集の方から
同意をいただいています。

あと、SFファンタジー系の方は
そのタイプの作品を多くやっている
編集部へもっていった方が
より適切な助言がもらえるように思います。

皆さん、頑張ってください!

WeComixでも作家さん常時募集中です!

 

スポンサーリンク